草加の相続のご相談なら竹村司法書士・行政書士事務所まで
HOME>建設業許可

建設業許可

建設業の許可について
建設工事の完成を請け負う営業をするには、軽微な工事を除いて、元請、下請を問わず、建設業の許可を受けなければいけません。 ※軽微な工事とは、建築一式工事以外の工事で1件の請負代金が税込み500万円未満の工事。建築一式工事は、1件の請負金額が税込み1,500万円未満の工事又は木造住宅で延面積が150m2未満の工事
建設業の種類
業種別に許可が必要です。許可を受けた業種の工事だけを請け負い、営業することができます。 (該当する業種が分からない場合はご相談下さい) 1.土木一式 2.建築一式 3.大工工事 4.左官工事 5.とび・土木・コンクリート工事 6.石工事 7.屋根工事 8.電気工事 9.管工事 10.タイル・れんが・ブロック工事 11.鋼構造物工事 12.鉄筋工事 13.舗装工事 14.しゅんせつ工事 15.板金工事 16.ガラス工事 17.塗装工事 18.防水工事 19.内装仕上工事 20.機械器具設置工事 21.熱絶縁工事 22.電気通信工事 23.造園工事 24.さく井工事 25.建具工事 26.水道施設工事 27.消防設備工事 28.清掃施設工事 29.解体工事
許可を受けるための要件
1.経営業務の管理責任者としての経験を有する者がいること 2.専任の技術者がいること 3.請負契約に関して誠実性があること 4.請負契約を履行するに足る財産的基礎または金銭的信用があること 5.欠格要件に該当しないこと 上記の1~5の要件をすべて満たしていることが必要です。
許可の取得について
建設業の許可は、許可要件が複雑なため、該当しているかどうか判断することが難しいと思います。 また、膨大な量になる申請書類の作成や、役所に足を運んでの各種証明書類収集には多くの時間を取られてしまいます。 当事務所ではお客様が許可要件をクリアしているかどうかを判断いたします。 書類作成や証明書類の収集の手続きを迅速に代行いたします。 許可取得後も、事業年度終了報告から各種変更手続きまで安心サポートいたします。
問い合わせ