草加の相続のご相談なら竹村司法書士・行政書士事務所まで
HOME>不動産登記

遺言(遺言執行)

遺言執行とは?
画像

遺言の執行とは、遺言の内容を実現するための手続のことをいいます。遺言執行は、普通、遺言執行者あるいは相続人が行います。

しかし、相続人が多数いて利益が相反するような遺言の場合には、相続人に執行を行わせたのでは遺言の内容の実現をスムースにできなかったり、感情の対立が生じたり、あるいは公正になされない可能性もあります。

したがって、そのようなケースであったり、法律知識が必要な場面があったり、時間的な問題等で遺言の執行することについて難しいケースもあるため信頼できる第三者を選ぶのがよいとも言えます。

そこで、遺言者は自分で信頼できる者や専門家を遺言によって遺言執行者に指定したり、適当な人が見つからない場合などに第三者に委託することができ、第三者は遺言執行者を指定して、相続人に通知し、指定された者が就任を承諾すれば直ちに遺言執行の任につくことになります。

遺言執行者に指定された者は就任(就職)を承諾するかどうかは自由であり、また、指定された者が先に死亡する場合もあるので遺言で指定する場合はその点を考慮に入れる必要があります。

遺言によって、遺言執行者が指定されていない場合でも、遺言執行者が必要な場合は、利害関係人の請求によって、家庭裁判所が遺言執行者を選任します。

なお、遺言による子供の認知、相続人の廃除・取消の場合は必ず遺言執行者の手による必要がありますが他の事項については、必ずしも遺言執行者が必要という訳ではありません。

遺言執行者を専任する具体的なメリット
  • 相続人は、遺言の対象となった相続財産の処分、その他遺言の執行を妨げる行為ができなくなる

遺言執行者が選任されていれば、法律でこのような行為が禁止されることになりますし、これに反して行われた行為は無効となりますので、相続人が相続財産を勝手に処分することはできなくなります。

  • 不動産の名義変更を、スムーズに行うことができる

選任がなければ、相続人は複雑で労力が必要となる名義変更などを、共同で行わなければなりませんが、遺言執行者の選任があれば、遺言執行者がこれを単独で行うことができます。

  • 預貯金のある銀行口座の名義変更、および引き出しをスムーズに行うことができる

選任があれば、遺言執行者がこれを単独で行うことができます。
選任がなければ、相続人全員の実印を押印した遺産分割協議書と、相続人全員の印鑑登録証明書などが必要になります。

  • 客観的な立場の遺言執行者がいることで、トラブルを未然に防ぐことができる

これが遺言執行者を選任することの最も大きなメリットとなります。
相続人の間で、利益が相反する遺言の執行には、相続人全員の協力が得られないケースが多数見受けられ、そうなれば相続の手続きが進まなくなってしまいます。

遺言執行者の選任があれば、利害関係のない第三者として、遺言に忠実に、そして公平に、遺言の内容を単独で執行できるのです。

問い合わせ